桂さんの「うなぎや」

桂さんの「うなぎや」
別に何がどうちゅうわけやないんでございますけど。けどまだ二つですからな。これ
ではまだわかりませ・し?っな。やっばり三つ、四つ、五つとね、これ連作でございます
からな、そこんとこで考えてもらわなけりゃならんとこもあるのでございます。
「おじさん、何してんですか。深いおおきな穴ですねえ」
「(穴を掘りながら)ああ、おおきにありがとう。やっとここまできたんやけどなあ」
「本当に大きな深い穴ですねえ、なぜそんなに大きな深い穴掘ってんですか」
「いやなあ、誰かがここにふかーい大きな穴があるというんでな、一所懸命掘って探し
ているんだけど、なかなか見つからないんだよ」
ま、それだけのことでございますね、うん。いやまあ、別にどうっちゅことない
んでございますけどまあ、まことにすビバせんねっていうような、スビバセンおじさん
は私なんでございますけどね。
まあまあこんなんね、ある日のこと、思いつきましたんでございますけど、もう五十
ニほどどんどんできまして、十日ほどの間にね。来年からまあ大々的にPRしてやって
いこうかなと思って。ま、今日の反応では、やめといたほうがいいかいなと思うことも
あるわけでございますが。まあ、今日のところは通常の落語を聞いていただくような
こってございます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>